【糸島】西浦漁港 – 今日行ける、福岡市近郊の釣りポイントを教えます

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

西浦漁港は福岡市の西端、糸島半島北東部にある漁港です。

糸島半島の先っちょながら、いちよ「福岡市内」ということで、福岡市西側で一番近い外海の漁港という位置づけになります。

そんな西浦漁港はアクセス良好+足場良し+根魚系とイカが熱いってことで、自分の中では糸島半島の4大おすすめ釣り場の一角。

後述しますが、特にヤリイカ(ササイカ)アオリイカ狙いには最適解な釣り場となっていまして──

福岡市近郊のエギングポイントといえばここ、志賀島東漁港の赤灯台。春~初夏にかけてアオリイカ(ミズイカ)狙いの多くのエギンガーが訪れる屈指のポイントです。
野北漁港は糸島半島のちょうど真ん中あたりに位置する、福岡市近郊ではばっっっつぐんの知名度と人気を誇る釣り場です。 言うほど釣れ...

東の「志賀島の赤灯台」や、お隣「野北漁港」にも劣らない超優良釣り場です。

sponsored link

西浦漁港

なーんかこのところ人気が高まっているここ「西浦漁港」。人気の理由はズバリ「釣れるからに他ならないでしょう。

※近年はヤリイカ(ササイカ)がすごくいいらしく、餌巻きスッテでダブルとかトリプルで釣れることも珍しくないとか。

google mapより引用

写真の通り結構広い漁港ですが、ポイントとして挙げられるのはざっくりこの3ケ所──

  • 漁協前の岸壁
  • 南波戸
  • 北波止

どこも足場良好でファミリーでの釣りに適しています。が!やはりここ西浦で推したいのはとにかく「イカ(エギング)と根魚」。

南波戸先端北波止外側のテトラ帯が藻場もあって最高。さらに両波戸とも▼常夜灯が設置されているので、夜釣りでもOKという具合です。

では、そんな激熱西浦漁港についてポイント毎に見ていきたいと思います。

南波戸

サンセットロードから入ってまず現れるのが、こちら南波戸

さっそくエギンガーがたくさん。

見ての通り外側はテトラ、内側は足場良しな釣り場。

途中に小さなでっぱりが。釣り専用かなあ???

先端方向はこんな感じ。

家族で釣り、いいですねええ。

先っちょまで来ました。赤灯台。

やはり先端部のポイントが人気で、エギンガーやブラクリ釣りをやっている人がたくさんいます。

おおお、さっそくでっかいアラカブが釣れているようですな。

sponsored link

漁協前の岸壁

漁協前の岸壁は小さな子供連れでファミリーフィッシングを楽しむ程度なら十分。

釣り場は南波戸~北波戸付け根までありますが、アジのサビキ釣りなら何処でもOKって感じです。

夏とか日陰があってよいかもです。

では核心部、北波戸へ。

北波止

南波戸から見た、北波戸。やはり人気のあるポイント、結構な釣り人がいますね。

波戸の付け根付近は広くて足場の良い岸壁。

少し進むと石積みに変化。

穏やかで釣りがしやすそうな雰囲気ですが、外側を見てみると──、

コリッゴリの漁場といった雰囲気。

因みに、北波戸より更に北側に進んだ(▼写真奥側)岩の海岸はアオリイカの大量発生ポイントらしいです。冬場は怖いので4~6月辺りの風が無い日には進んでみても良いかも。

もう北波戸外側は、間違いなくイカが釣れる雰囲気が漂いすぎていますね。

テトラは先端部にも。

外側ばかり見てきましたが、湾内の方はこんな感じの足場の良い釣り場です。

家族には湾内でアジ釣りさせつつ自分は外側で自分の釣りを──、みたいなやりかたもできますね。

西浦漁港の核心部、北波戸はこんな感じでした。

──はい、そういうわけで糸島の西浦漁港は、

足場良好でファミリーに良し、夜釣りOK、テトラで根魚が熱し、冬春先~ヤリイカ数釣り、春~アオリイカ・・・などなど、かなりおすすめな釣り場です。

そういえば、某釣具屋さん情報によると・・・

(3月中旬)サビキでアジゴの数釣り25cmサイズのアジが浮きサビキでもアジングでも好調ヤリイカ(ササイカ)は群れにあたれば数十杯!!

こりゃあ行くしかないって感じでしょう。ぜひ明日にでも行ってみて下さい。

最後まで読んでいただき感謝します!

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事



コメント

  1. サイト閉鎖しろ より:

    釣り場を載せられて迷惑です、マナーの悪い輩が大挙して近隣迷惑掛ける事を考えてるの?こんなサイトは閉鎖しろ