【SOTO】登山・釣り・キャンプに大活躍、ウィンドマスターSOD-310[レビュー]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SOTO史上の最高傑作のバーナー「SOD-310」

マイクロレギュレーター搭載でガスの弱点である低温に対して最強であり、且つその名の通り、風にも最強というのが特徴。

質実剛健という言葉がぴったりな登山用ガスバーナーです。

関連記事SOTOのCB缶バーナー「ST-310」

SOTOのレギュレーターストーブ「ST-310」。定番中の定番品てすが、キャンプにも登山にも使える汎用性と、安定性、経済性すべてにおいて良いオールラウンダーです。
sponsored link

インプレッション

まずはビジュアルから。

見た目は一見普通のバーナー。ゴトク込みで67グラムという驚異の軽さ。

▼手に持つとこれだけコンパクト

※ゴトクは着脱式になっていて、付属のゴトク以外にも別売りのフォーフレックスにパワーアップできます。

▼250gOD缶装着の図。カッコいい。

▼500gOD缶装着の図。うん、カッコいい。

やっぱり、格好いいというのは重要で、登山バーナーでたぶん一番人気のプリムスのウルトラバーナーはこれと比較するとダサく見えてしまいます。

着火してみます

やっぱり、格好いい。

で、最大の特徴であるバーナーヘッド。通常のバーナーとは真逆の発想で、ヘッドがすり鉢のような形状になってます。そのおかげで噴射されたガスが風に流されない構造になっているのです。

さらにヘッド周りのリングが風を防ぐような構造。

使用時の風景。実際に使ってみたら防風カバーなんて不要ってことが実感できると思います。

これを使いだしてから、防風カバーを持ち歩く必要がなくなりました。たかが荷物ひとつですが山行にはデカい。

これで昼のラーメンを作ってあげると、子供たちは大喜び。それだけで楽しいもよう。

一個持っておくと昼ごはんの幅が広がること間違いなし。山にキャンプに釣りに大活躍のウィンドマスター、超おすすめです。

スペック

バーナー単体(ゴトクなし)

●寸法:

(使用時)幅90×奥行117×高さ100mm

(収納時)幅47×奥行51×高さ88mm

●重量:60g

標準セット3本ゴトク(トライフレックス)使用時

●寸法:

幅90×奥行117×高さ100mm

●重量:67g(バーナー+ゴトク)、 7g(ゴトクのみ)

別売4本ゴトク(フォーフレックス)使用時

●寸法:

幅144×奥行144×高さ96mm

●重量:87g(バーナー+ゴトク) 27g(ゴトクのみ)

3本ゴトク、4本ゴトク使用時共通スペック

●発熱量:3.3kW(2,800kcal/h)

●使用時間:

約1.5時間(SOD-725T使用時)

約0.68時間(SOD-710T使用時)

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事