最近気に入っているコンパクトで有能なキャンプ道具を紹介

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コンパクトギアの紹介第2段。

急に思い立ったので、自分が最近特に気に入っているコンパクトかつ有能なキャンプ道具を晒してみようかと。 小さな道具を選ぶのもまた...

いつも口癖のように言ってますが「コンパクト=正義」、これ、間違いないです。

夏休みから9月にかけて2回ほどキャンプに行けたので、そこで使ったものから中心にまた5品チョイスしてみました。

sponsored link

コンパクトで有能な道具5選

ーキャプスタのシェラカップ

何気ないシェラカップですが、キャプテンスタッグのシェラカップの良いところは目盛りにあり。

50~250ccの目盛りに加え、90/180ccの目盛りがありますんで、米炊き時の軽量に素敵すぎます。

ートランギアのメスティン

もはや説明不要、定番中の定番ではありますが、トランギアのメスティン。

親子二人でのキャンプ時の炊飯にちょうど。量でいうと半合~1.5合の米を良い感じに炊けます。ラーメンもいけるし殆どオールラウンドプレイヤーですね。

長年使ってるうちに持ち手を失ってしまいましたが、ファミリーキャンプ・ソロキャン問わず必ず持ってく大有能なヤツです。


ートランギアのラージメスティン

メスティンときたらセットでラージメスティンも。

大きさは普通のメスティンの2倍もないくらいのサイズ感。ファミリーキャンプ時の2合から2.5合の炊飯ラーメンを一気に2個とかに適してます。

例えばカレーとか、普通に調理器具として3人4人分の煮炊きするにはちょうど。メスティンとセットで持ってて損なしなギアです。

ちなみに、こいつの蓋がまたフライパンやまな板・皿・↑のようにテント内でのちょっとしたテーブル代わりに大いに使えます。


ーEPIの食器セット

食器つながりで、スタッキング性抜群なEPIのアルミ食器6点セット。

皿3個+から持ち手付きの器3個でやく1500円。実はこれもう買うの3回目です。

キャンプに良いのはもちろん、単身赴任時の食器はこれだけで過ごした記憶もあります。

調理器具としても使えんことはないですが、自分はもっぱら器として利用してます。

ーキャプスタのテフロン加工フライパン

ここまで来たら食器類でまとめてみましょう。キャプテンスタッグのアウトドア用フライパン。

これはこの夏初めて使ったもので、山で手軽に肉を焼きたいなあと思って買ったヤツです。

今までメスティンの蓋等でフライパンの代用してたけど、どうしてもこびり付きが面倒なのでやっぱテフロンですわ。

コンパクト同様、片付けが楽ってのも正義ですね。

ーまだまだあるのでまた書きます

ということで第2段はなぜかすべて食器・調理器具でまとめてみました。

またいろいろ引っ張り出して書いてみようかと。では近いうちに第3弾を。

以上

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事