【メスティンで炊飯】ラージメスティンで二合炊きの方法・コツを教えます

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トランギアメスティン

コンパクトギアの紹介第2段。 いつも口癖のように言ってますが「コンパクト=正義」、これ、間違いないです。 夏休み...

今更説明不要の万能クッカーですが、炊飯に最適という事で日本のアウトドアラーの定番品になってますね。

基本の一合炊きに続き、この記事では一回りサイズのでかい方、ラージメスティンで二合の米の炊き方を伝授していきます。


自分はどちらかというと二合炊く機会ことの方が多いのでこっちの方が得意です。因みに経験上、ラージメスティンではぎりぎり三合まで炊くことは可能ですが、はちきれんばかりのパンパンになるので、最大2.5合までにしとくのが無難です。

300回以上メスティンで炊飯してきた僕が、メスティンで美味しくご飯を炊く方法を事細かく教えます。まずは基本中の1合から。分量は米一合に対し水は180ccです。

では早速。

sponsored link

基本は一合炊きと同じ

量が少々多いだけで米を炊くという行為自体は同じです。一合と同じく、旨い米を炊くには

前準備⇒炊飯⇒蒸らし」という3段階のプロセスで、時間は最低75分必要です。

吸水と蒸らしをしっかりするという2つのポイント、火加減と時間は適当でOK。ってのも同じ。

前準備

米二合と水360cc

まず、おさらい。「米一合 に対して 水は180cc」。この法則自体は変わらないので

2合なら⇒360cc

3合なら⇒540cc

てな具合。因みに、米一合=180cc=1カップなので、米周りは全て180ccってことだけ覚えていればOKです。今回は2合なのでシェラカップ180cc目盛りて2杯計量、そして普通に洗米します。

蛇足ですが、半合(90cc)/1合(180cc)目盛り付きのシェラカップがあると非常ーーに便利かなと思います。

ー吸水は30分以上

ポイントの吸水です。ハッキリ言ってこれが一番重要。最低30分以上吸水させます。長い分は全く構わないので仮に一晩浸しても全然OK。

2合分の米と水を入れるとグロメットの半分よりちょい上あたりですね。

sponsored link

炊飯

火加減と時間は風や気温の状況で変わってくるんでテキトウで。

強いて挙げると

  • なるべく弱火
  • パチパチ音がしだして30秒で火を止める
  • 10分くらい火にかけときゃ火は通る

くらい意識しとけばオケー。火を点け、弱火にセット。ふたに重石を載せとく。

量が多い分沸騰までに時間がかかるくらいで、要領は一合と全く同じ。

・・・待つこと5分くらいで、沸騰し蒸気が吹いてきます。

・・・その後すぐ、水があふれてきます。

・・・9-10分で水があふれが落ち着いてきます。

てな感じの経過を経て・・・

チリチリパチパチという音が聞こえてくるので30秒後に消火ってのがベストのタイミング

因みに今日は火にかけてから13分で消火でした。

蛇足で、火器についてはいろんな面からガスがおすすめかなと。

どこの家庭にもある卓上のカセットコンロ。実は僕はキャンプで使っています。キャンプでカセットコンロを使う利点をまとめてみました。
SOTOのレギュレーターストーブ「ST-310」。定番中の定番品てすが、キャンプにも登山にも使える汎用性と、安定性、経済性すべてにおいて良いオールラウンダーです。
SOTO史上の最高傑作のバーナー「SOD-310」 マイクロレギュレーター搭載でガスの弱点である低温に対して最強であり、且つそ...

蒸らし

最後のポイントの蒸らし

あとは、タオルで巻いて逆さにして30分蒸らします。今日は寒かったんでさらにTシャツで巻いてます。

30分後開けてみると・・・

はい、いつも通り完璧。

コンパクトギアの紹介第2段。 いつも口癖のように言ってますが「コンパクト=正義」、これ、間違いないです。 夏休み...

という事で、基本中の基本の流れで2合のごはんの炊き方について書いてきました。まず最初は基本通り炊いてみて、慣れてきたら好みで自分流の水加減・火加減を編み出してみてください。

300回以上メスティンで炊飯してきた僕が、メスティンで美味しくご飯を炊く方法を事細かく教えます。まずは基本中の1合から。分量は米一合に対し水は180ccです。
万能アウトドアクッカーのメスティン。 自分はどちらかというとでっかい方の「ラージメスティン」がお気に入り。 今日は、その...

以上

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事